キャバクラでヘルプに入る時に注意すること!

キャバクラでヘルプで入る時に気をつけるべきことがいくつかあります。

 

まずドリンクを頼んではいけません。

 

本指名のキャスト以外にお金を使いたくないというお客様は多いので、自分からドリンクを頼むのはNGです。

 

お客様が勧めて下さった場合でも一度は断りましょう。

 

続けて勧めていただいたらあまり高くないソフトドリンクなどを頼み、きちんとお礼を言いましょう。

 

次に気をつけるべきことはお客様と電話番号などの連絡先交換をしないことです。

 

お客様は既に本指名のキャストのお客様なので、それを横取りしたとしてトラブルになりかねません。

 

お客様に電話番号などの連絡先を聞かれても必ずお断りしましょう。

 

しつこく迫られても「...さんに怒られますよ?」など角を立てないでお断りしましょう。同じ理由でお客様へのボディタッチもNGです。

 

本指名のときとは異なる一歩引いた接客をしましょう。

 

さらにお客様と本指名のキャストの話をするのも控えて下さい。

 

これは本指名のキャストがお客様に話していることと異なることを話さないためです。

 

お客様からの誘いを断るために嘘をつくのはよくあることです。

 

この嘘がヘルプのキャストとの会話からお客様にバレてしまうと本指名のキャストがお客様を失うことになるかもしれません。

 

そういった事態を避けるために、本指名のキャストの私生活についての会話は慎みましょう。

 

お客様から本指名のキャストのことについてしつこく聞かれたときに上手くかわすのもキャバ嬢のテクニックです。

 

TOPページ:TRY18の評判チェックはこちら>>