キャバクラの良いお店と悪いお店の見極め方

キャバクラにはいろいろなお店があります。

 

大型店もあれば、地域に密着した小さなお店があるのも特徴の1つです。

 

その中でいいお店と悪いお店の特徴ってあるのでしょうか。

 

例えばいいお店というと、女の子をただの従業員として扱うのではなく、人材はお店にとって財産の1つでもあるので、大切に扱ってくれるというのが一つのポイントになります。

 

大切に扱ってくれるというのは評価しにくいことですが、例えばしっかり働いたら、働いた分を給料として評価してくれるという点。

 

またきちんとした労働条件のもとに休みを確保するといったことも重要です。

 

そうすると女の子の働く労働環境も良くなるので、サービスにも影響します。

 

またキャバクラのいいお店の特徴は、お店に来る客層にもよります。

 

客層によっては喧嘩やクレームが起こることもあります。しかししっかりとしたセキュリティーなどがあれば安心できますね。

 

そのような客に対しての対策が取られているところがいいお店の特徴です。

 

反対に悪いお店の特徴は、システムがきちんとしていないところ。

 

女の子やお客に対してもそうですが、システムがきちんとしていない場合は、お店として成り立ちません。

 

また清潔感があるかどうかも大きな特徴の1つです。

 

飲食にかかわるところですから、清潔感がなくてはお客様の印象も悪くなります。

 

女の子一人一人のサービスも大切ですが、その店の印象をつける清潔感、環境への配慮というのも重要なのです。

 

TOPページ:TRY18の評判チェックはこちら>>