キャバクラのメリットとデメリット

キャバクラといえば夜の世界。華やかな仕事には見えますが、やはり苦労も多いのでしょうか?

 

キャバクラとして働く女性は、どのようなメリットとデメリットを感じながら勤務しているのか調査しました。

 

キャバクラのメリット

キャバクラでバイトをするメリットは、やはりその高い給与にあると言えるでしょう。

 

基本的な時給制度に加えて、指名をもらえたり、高いドリンクやフードを注文されると、更にプラスで報酬を獲得することが出来ます。

 

近年はオンライン上から予約できるシステムを取り入れているキャバクラも多くなって来ているので、指名の獲得に力を入れれば、収入を大幅にアップさせられるようになって来ました。

 

短時間で高収入を目指したい人に向いています。

 

特にTRY18はサポートとして入るので○○稼がなくちゃいけないといったノルマもなく、女性同士の派閥に巻き込まれることもなく自分のスタイルで働くことができます。

 

旅行資金を稼ぎたい、どうしてもお金が必要…そんな時にピッタリのアルバイトになります。

 

キャバクラのデメリット

一方、普通にキャバクラとして店舗に採用されて働く場合、デメリットとして費用の高さが挙げられます。

 

メイクアイテムやドレスなどにかかる費用が莫大になってしまうことは少なくありません。

 

また、顧客を獲得するための綿密な接客が必要になって来るため、それにより多大なストレスを感じる人は少なくないでしょう。

 

同じ店内で働くスタッフ同士はライバルにもなるため、人間関係に疲れやすいこともあります。

 

更に、どうしても夜型の生活になってしまうため、生活リズムが乱れてしまったり、その他の私生活とバランスを取りにくくなってしまうこともあります。
TOPページ:TRY18の評判チェックはこちら>>